タイ旅行ナビ - バンコク夜遊び・パタヤ夜遊び・タイ人女性との恋愛から夜遊びホテル情報など

タイとタイ人女性を愛する男の旅行記やら夜遊びやら恋愛の日々。ナナ・ソイカーボーイ・パッポン・MP(マッサージパーラー)・タニヤなどの夜遊び情報、おすすめタイホテル・バンコクホテルランキングJF無料)・パタヤホテルランキング(JF無料)、観光情報、現地情報も発信。



Category: ブログ

Comment (0)  Trackback (0)

ゴーゴーバーで あわや大惨事-続き

前回の続き


スージーウォン(SUZIEWONG)を出ると、比較的新しいBar、Crazy Houseへ行こうと、右方向に向かいました。

知り合いの嬢とバッタリ会っても、こちらが女連れであると分かるように彼女との距離を近く、尚且つ話をしながらソイカを歩いた。
こうしていれば、そうとうな輩でない限り、こちらに声をかけてくる事はないだろう。


右に曲がって、Crazy House前に近づくと、何やら私を呼ぶ声が聞こえてきた。

え!? マジ!? だれ!?
Crazy Houseに知り合いなんていないはず!?



つづきは、下の「Continue »」をクリックして下さい。




私を呼ぶ声が、どこから聞こえる。

どこかで聞いたような声だ。

無視していると、もう一度私を呼ぶ声がした。

聞き間違いではないようだ。

しかし、私の横には彼女がいる。

それにも関わらず、私を呼んでいるのだ。

なんて輩だ。

こんなことをするのは、奴しかいない。

危険を察知した私は、声がする方を見ずに、車道に出てCrazy Houseを通り過ぎた。

知らぬうちに早歩きになっていたのか、彼女が私の後ろを歩いている。

彼女に話しかけるようにして、後ろから奴が追ってこないか、チェック。

なんとか、追っては来ないようだ。

助かった。

そのままどんどん歩くと、「どこに行くの?」と彼女。

私は、「道を間違えた」と言い訳して、そのまま直進した。

それにしても、とても怖い思いをしました。


ちなみに、私を呼んだ子は、ビルボードの子でした。
若い子だったんで、Crazy Houseに移動したんですね。
全然知りませんでした。

今回なんとかごまかせたのは、本名を教えていなかったからです。
ゴーゴーバーでは、基本本名を使わないのが功を奏しました。


命知らずの私は、「あの嬢がCrazy Houseにいるんだったら、ビルボードに行けるな」と深く考えず、彼女を連れてナナへと向かうことにしました。

それが結局面倒なことになるとは知らずに。


------------------------------- 続く -------------------------------


最後までお読み頂いてありがとうございました!

もっとタイ情報がほしい方はこちらをどうぞ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へタイ・ブログランキングキングオブタイナイト
いつもクリックありがとうございます!クリックして頂けると大変励みになります!
関連記事

Comments








プロフィール

しょう

Author:しょう
ハンドルネーム:しょう
タイとタイ人女性をこよなく愛する男です。
詳しくはこちら

今日のタイ語はじめました

ฝันดีนะ

(F̄ạn dī na)
良い夢見てね

表示だけで即収入!『忍者AdMax』をはじめよう!

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017